ジャンル・経験不問の新たな表現活動を募集!

スクリーンショット 2015-06-02 21.10.07

旧平櫛田中邸(きゅうひらくしでんちゅうてい)のアトリエを再び、新たな創作・交流の場に。

DenchuLab.(デンチュウラボ)は、まだ形になっていない表現や作品アイデアを試す研究・発表の場です。ジャンル・経験不問の新たな表現活動を募集します。上野谷中地域で多彩な活動を展開するでんちゅうずが、日本の近代木工を拓いた彫刻家・平櫛田中の精神を受け継ぎ、あなたの創作をサポートします。DenchuLab.は地域住民の協働・交流を生み出し、地域資源の魅力が旧平櫛田中邸に息づくようなきっかけとなることを目指しています。

旧平櫛田中邸を活かした、意欲的な企画を募集します。
総額10万円を上限に、制作費を支援します。

募集期間 : 2019年11月10日(日)*当日必着

[制作期間] 1月7日(火)~2月20日(木)
[一般公開期間] 2月21日(金)~3月1日(日 )

▶︎応募要項
▶︎会場図面
▶︎プロポーザル記入用紙.pdf (PDF)
▶︎プロポーザル記入用紙.xlsx (エクセル)
▶︎エントリー用紙.pdf (PDF)
▶︎エントリー用紙.xlsx (エクセル)

《募集内容》

旧平櫛田中邸の空間および、周辺の地域環境を活かした作品制作、展示、活動企画、特定のジャンルにとらわれない表現者の意欲的な活動を募集します。

《採択者数》

若干名(不採択となった場合でも、フォローアップ制度により支援が受けられる場合があります。詳しくは要項をご覧ください。)

《対象者》

旧平櫛田中邸の空間を活かし、魅力あふれる芸術文化活動を企画・提案する個人及び団体
申請は1組1件までとします。

《対象となる制作・活動企画の条件》

・一般公開期間中に何らかのかたちで発表を行うこと
・展示、ライブパフォーマンス、公開制作、ワークショップ、勉強会など、発表形態は自由
・旧平櫛田中邸のリサーチを通じて建物の新たな魅力を引き出し、空間と呼応した発表を行うこと
・旧平櫛田中邸を拠点として人と人との新たな関係性を引き出す活動を行うこと

[制作期間] 1月7日(火)~2月20日(木)
[一般公開期間] 2月21日(金)~3月1日(日 )

《選考委員》

小沢剛(美術家/ 東京藝術大学教授)
熊倉純子(アートプロデューサー /東京藝術大学教授)
椎原晶子(都市環境研究家/NPO たいとう歴史都市研究会理事長)
富塚絵美(アートディレクター/一般社団法人 谷中のおかって理事)

《審査基準》

(1)実現性 制作体制や実施体制が整っている。活動規模やがスケジュールが妥当であること。
(2)独創性 
アーティストが独自の表現を追求することの中に、普遍的な価値が見出せること。他分野との恊働を通じて、芸術の新しい価値創造を目指している。
(3)将来性 
長期的展望があり、今後の活躍や発展が期待されること。

《審査のながれ》

提出された必要書類を精査し、一次審査(書類審査)をおこなう。一次審査通過者は、二次審査として選考委員に向けたプレゼンテーションをおこなう。

11月下旬        一次審査   書類審査

12月8日(予定)      二次審査   プレゼンテーション(※非公開)

12月上旬        結果発表

《主催者によるサポート》

(1)制作・活動費総額10万円(上限)の支援。
※選考の結果複数組選ばれた場合、審査員の審議に基づき金額を分配することがある。
(2)制作・活動場所の提供(旧平櫛田中邸)
(3)展示・発表会場の提供(旧平櫛田中邸)
(4)企画内容の相談、地域・市民との連携をサポート。
(5)展示・発表の広報協力(美術関連施設、ギャラリーへ展示DM配送 / ウェブサイトへ情報掲載)
(6)アーカイブ(作品やワークショップの様子を記録撮影)

《フォローアップ制度について》

不採択となった場合でも、審査により、今後の飛躍が期待できる作品制作・活動企画をサポートするフォローアップ制度があります。主催者によるサポートとして、企画内容の相談、地域・市民との連携サポート、発表の広報協力、アーカイブ(活動の様子を記録撮影)が受けられます。制作費の支援はありません。制作・発表会場となる(旧平櫛田中邸)の使用範囲や期間、使い方については、本採択となったアーティストと協議の上調整となります。

《会場》

旧平櫛田中邸(東京都台東区上野桜木2-20-3)
スクリーンショット 2015-06-03 4.34.52

▶︎旧平櫛田中邸について  http://taireki.com/hirakushi/

制作展示場所に関する留意事項

・本採択者が複数となった場合、また、フォローアップ制度による採択があった場合は、制作・発表場所について調整を行うことがある。
・ 常設展示として使用できる範囲は、原則、表庭、母屋2階、アトリエ棟1階を基本とする。その他の場所の使用については、受付スペースなどを考慮の上、企画内容に応じて相談・調整を行うことができる。

《アクセス》

JR線 日暮里駅南口より徒歩10分
JR線 鶯谷駅北口より徒歩10分
JR線 上野駅公園口より日暮里方面へ徒歩20分
東京メトロ千代田線 根津駅1番出口より徒歩15分

スクリーンショット 2015-06-03 4.45.53

《応募方法》

下記、必要書類を郵送または、メールにて提出してください。

※メールの場合、2日以内に受領のご連絡をいたします。メールが届かない場合は、お問
合せください。
提出先メールアドレス:dencyu@taireki.com

①エントリー用紙(応募者連絡先、活動歴)

▶︎エントリー用紙.pdf (PDF)
▶︎エントリー用紙.xlsx (エクセル)

②プロポーザル 記入用紙(タイトル・趣旨・具体的なプラン)

▶︎プロポーザル記入用紙.pdf (PDF)
▶︎プロポーザル記入用紙.xlsx (エクセル)

提出先・お問い合わせ

〒110-0002 東京都台東区上野桜木2-20-3
一般社団法人 谷中のおかって DenchuLab.募集係
TEL= 080-4342-8215
MAIL=dencyu@taireki.com
※件名に〈DenchuLab.企画提出〉と明記の上、お送りください。

《応募受付〆切》

2019年11月10日(日) 当日必着

主催:でんちゅうず( NPOたいとう歴史都市研究会、一般社団法人 谷中のおかって)
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
協力:井原市、平櫛弘子氏、東桜木町会